Xデザイン学校について

Xデザイン学校の新しい「学びあう体験」

2017年5月、浅野智氏と山崎和彦氏の二人によって、社会人のための新しいデザインの学校を開始しました。デザインには社会をよくする力があります。ユーザー体験、人間中心設計、デザイン思考、サービスデザインなどを基礎にしながら、これにこだわらず、誰でもがデザインを活用する社会に向けてのデザインの学びと研究を推進します。講師には、この学校に賛同してくれる実践者や研究者に協力してもらい、多様なコミュニティなどとも連携し、この分野で最高の学びと研究を目指しています。

2022年は、Xデザイン学校らしい学びと研究する楽しさのあるオンライン講座に、自宅から、全国から参加することができます。オンラインのよさを活用して、より密接なつながりを目指します。2022年春には、UX/デザイン思考の基礎を学ぶ「ベーシックコース」、実践的なUX/デザイン思考を学ぶ「マスターコース」、プロフェショナルスキルを探求する「アドバンスコース」の3コースを開講します。

ここでの学びは、研究室のゼミのように、生徒同士と教員が密接なつながりをもち「学びあう体験」を目指します。そのための教育内容、教育環境やコミュニティも大事にしています。また、学校に入学する前、入学してから、卒業した後の長期の時間を考慮した育成を行います。そして、学びを広げる、Xデザインフォーラム、Xデザインワークショップ、公開講座、企業連携なども推進していきます。

石沢 舞さん

ゲーム会社にてアーケード機の開発に携わったのち、フリーランスのデザイナーとして事業者向けSaaS型サービスのUXデザインに従事されています。

今まで “思い込み”として消されてたような意見も、違う分析の仕方で「この人の意見からこんな価値が抽出できるぞ!?」と説得力を高めることができるようになったんです。そんなデザインを通した客観視で、自分の中でも再発見できるようになる力を得られました。

石沢 舞さん

ゲーム会社にてアーケード機の開発に携わったのち、フリーランスのデザイナーとして事業者向けSaaS型サービスのUXデザインに従事されています。

剣持 貴志さん

WEB制作会社でWEBディレクター/UXプランナーとして働きながら、小田原に移住して地域活性の活動や本を通して人と人を繋ぐ取り組みを実践されています。

私がXデザイン学校で学んだことって「答えのない問題に対する取り組み方とか解き方のヒント」だと思うんです。そんな答えがない問題にどう取り組むかっていうことを教えてもらったし、そのヒントがここにあるんだなってことに気付けたのがすごく大きな成果でした。

剣持 貴志さん

WEB制作会社でWEBディレクター/UXプランナーとして働きながら、小田原に移住して地域活性の活動や本を通して人と人を繋ぐ取り組みを実践されています。

花井 陽子さん

モバイルの進化と併走しながら大手IT企業でキャリアを重ね、現在は大手通信会社のライフデザイン領域にてサービスデザイン並びにマネジメント業務に従事されています。

実際Xデザイン学校に通ってみると、本に書いてない先生たちが重ねてきた実務や経験値から学べることがすごく多かったです。今私にとってデザインはライフワークだし自分の指針になっていて、Xデザイン学校に行ってなかったら今の自分はなかったって確実に思います。

花井 陽子さん

モバイルの進化と併走しながら大手IT企業でキャリアを重ね、現在は大手通信会社のライフデザイン領域にてサービスデザイン並びにマネジメント業務に従事されています。

原 聡司さん

大手精密機器会社にて長年ソフトウェアエンジニアとして製品開発に携わりながら、組織のボーダーを越えて価値観の違う人々と共創していくためにデザインの探究に励まれています。

デザインって私の捉え方として頭のモヤモヤを明瞭に描くだけでなく“私の考えはこうなんです、だから一歩目こうやって踏み出しますよ”って自分の意思を宣言するもの。さらに、相手に1歩目はそう行くのね、わかったよっていう意思の確認や了承を得るための技術として、すごく力があるなって思うんです。

原 聡司さん

大手精密機器会社にて長年ソフトウェアエンジニアとして製品開発に携わりながら、組織のボーダーを越えて価値観の違う人々と共創していくためにデザインの探究に励まれています。

峯 菜月さん

ITスペシャリストとして大手IT企業でキャリアをスタートしたのち、新たに創設されたデザインチームに参画。金融系のプロジェクトにデザイナーとして携わられています。

実際に現場に出て行動観察やインタビューから見える価値が一番大事ってことを自覚できたし、その原石をどういう風に分析していくか。分析が一番難しくもあり楽しい部分だなって感じていて、そんなデザインの手法を体感として学べたのがすごく大きかったですね。

峯 菜月さん

ITスペシャリストとして大手IT企業でキャリアをスタートしたのち、新たに創設されたデザインチームに参画。金融系のプロジェクトにデザイナーとして携わられています。

ABOUT

社会をよくするデザインの学びと
研究する楽しさを追求する
社会人のための未来の学校体験

2022年度のプログラム

● スケジュール

マスターコース

実践的なUX/デザイン思考を

身につける

● 2022年春開講コース(2022年冬募集)

プロフェショナルスキルや

研究スキルを探求する

アドバンスコース

ベーシックコース

UX/デザイン思考の

基礎を学ぶ

コース終了後もコミュニティで

交流を継続する

Xデザイン学校修了者

公開講座

あるテーマを集中的に考える

(随時開催予定)

ネット上で受講者と講師が

交流して学びを深める

学びのコミュニティ

誰でも参加・発表できるオープンなイベントで学びと交流を深める

Xデザインフォーラム

● 関連プログラム

● 2022年秋開講予定コース(2022年春募集)

初めてUX/デザイン思考を

学ぶ

ビギナーコース

UX/デザイン思考の

リーダーを目指す

リーダーコース

基礎からユーザーリサーチに

ついて学ぶ

ユーザーリサーチコース

PROGRAMS

● Xデザイン学校共同代表

● 講師/アドバイザー

伊賀 聡一郎

​エクスパーク

専門:イノベーション/エスノグラフィー

エクスパーク合同会社代表(CEO)。(株)リコー、リコー経済社会研究所、米国パロアルト研究所(PARC)日本代表を経て、エクスパーク合同会社設立。テクノロジー中心のイノベーションと、エスノグラフィを基軸とした人間中心のイノベーションの両面で幅広い経験を持つ。D.A.ノーマン氏による著書の翻訳など多数。北陸先端科学技術大学院大学客員教授、産業技術大学院大学非常勤講師、東京女子大学非常勤講師など。博士(政策・メディア)

奥山 真広

​KDDI

専門:サービスデザイン/プロジェクトマネジメント

KDDI株式会社 UX・サービスデザイン部 サービスデザイナー。通信会社のコンタクトセンターにてエンドユーザーと向き合う経験からキャリアをスタート。複雑化する社会やプロジェクトに対して、そもそもを考えるデザインプロセスと、広くプロジェクトがゴールに向かうための推進力としてのプロジェクトマネジメントを軸に、一貫したプロジェクトデザイン推進を得意とする。2019年度からXデザイン学校 ベーシックコース、ビギナーコースのチューターを担当。

佐々 牧雄

​関東学院大学

専門:UXデザイン/エスノグラフィー

関東学院大学人間共生学部 共生デザイン学科教授。ユーザーエクスペリエンス(顧客の体験)、およびユーザーエクスペリエンス・デザインの研究者。工学博士。1984年 千葉大学工学部工業意匠学科卒業。NECデザインにて工業デザイナーとしてキャリアをスタート、日産自動車系列のデザイン・マネジメントコンサルタント会社である株式会社イード、パロアルト研究所シニアUXリサーチャーとしてエスノグラフィを中心に研究・調査を経て現職。

佐藤 啓一郎

​フィラメント

専門:新規事業/UXデザイン

株式会社フィラメント取締役CXO。前職にて家電製品、通信機器、ビジネス機器の製品および関連サービスのUXデザインを行う部門を立ち上げ運営。社内外とのオープンコラボレーションを推進するとともに領域を超える人材の育成発掘も手がける。2018年4月よりその経験を活かしてUX視点を用いた新規事業開発支援に取り組んでいる。

日野 隆史

ヤフー

専門:UXデザイン/セキュリティ

Zホールディングス(株)本体のセキュリテイ業務リーダー兼グループセキュリティ教育リーダー。金融機関を経てヤフー (株)入社、2021年10月より現職。UXデザインを業務やサービスの課題解決に取り入れ実践で活用することでZホールディングスグループのセキュリティレベル向上に取り組んでいる。同時に社会人や各大学向けにUXデザインやセキュリティの教鞭をとり、未来の人材育成に尽力中。HCD-Net認定人間中心設計専門家。

安西 洋之

モバイルクルーズ

専門:ビジネスプラン/イノベーション

モバイルクルーズ株式会社代表取締役。De-Tales Ltd.ディレクター。 東京とミラノを拠点としたビジネス+デザインのデザイナー。欧州とアジアの企業間提携の提案、商品企画や販売戦略等に多数参画してきた。同時にデザイン分野との関わりも深い。2000年代からカーナビなどの電子機器インターフェースの欧州市場向けユーザビリティやローカリゼーションに関わり、デザインを通じた異文化理解の仕方「ローカリゼーションマップ」の啓蒙活動をはじめた。2017年、ベルガンティ『突破するデザイン』の監修に関与して以降、意味のイノベーションのエヴァンジェリストとして活動するなかで、現在はラグジュアリーの新しい意味を探索中。また、ソーシャル・イノベーションを促すデザイン文化についてもリサーチ中である。

原田 泰

デザインコンパス

専門:情報デザイン、コミュニケーションデザイン

​株式会社デザインコンパス 代表。筑波大学芸術専門学群卒業。博士(感性科学/筑波大学)。凸版印刷(株)、(株)リクルート、筑波大学(芸術学系)、多摩美術大学(情報デザイン学科)、千葉工業大学(デザイン科学科)、公立はこだて未来大学(情報アーキテクチャ学科)などでデザイン実践・教育・研究に携わる。2022年4月より現職。知識・経験の視覚化をテーマとしたコミュニケーションデザインの方法と表現、人材育成に取り組んでいる。著書に『図解力アップドリル』(ワークスコーポレーション)などがある。

矢崎 智基

KDDI総合研究所

専門:人間中心設計、インタフェースデザイン

(株)KDDI総合研究所フューチャーデザイン2部門共創戦略グループ、グループリーダー。国際電信電話(株)(現 KDDI(株))入社。(株)KDDI研究所にて光通信用デバイス、空間光伝送技術、ユーザーインタフェース、サービスデザイン、ビジョンデザインなどの領域の研究に従事。現在は先進生活者との共創コミュニティの運営や共創プロジェクトの企画立案・推進の業務を担当。博士(工学)。HCD-Net認定人間中心設計専門家。HCD専門資格認定センターセンター長(2020年〜)。

小池 星多

東京都市大学

専門:情報デザイン

東京都市大学メディア情報学部社会メディア学科教授。千葉大学工学部工業意匠学科卒業。同自然科学研究科後期博士課程修了、博士(学術)。多摩美術大学助手、東京家政学院大学専任講師を経て現職。2012 年、アメリカインディアナ州立大学客員研究員。著書に『おしゃべりロボット「マグボット」-ラズパイとArduino で電子工作-』(リックテレコム、2016)などがある。

小島 健嗣

design MeME

専門:イノベーション戦略

design MeME(デザインミーム)合同会社代表。富士フイルム デザインセンター、技術戦略部、ビジネス開発・創出部を経て 2022年design MeME合同会社設立。前 FUJIFILM Open Innovation Hub館長。共創によるイノベーション創出を支援するデザイン、人材育成に取り組んでいる。千葉大学工学部工業意匠学科卒。著書に『情報デザイ ンのワークショップ 』(共著/丸善出版)などがある。

安藤 昌也

千葉工業大学

専門:ユーザーエクスペリエンス、人間中心設計千葉工業大学先進工学部知能メディア工学科教授。ユーザーエクスペリエンス、人間中心設計、エスノグラフィックデザインアプローチなどの研究、教育に従事する。“利他的UX”を提唱し、「やってあげるデザイン」の原理の研究などにも注力。人間中心設計推進機構理事等を歴任。同機構認定 人間中心設計専門家。他に専門社会調査士の資格を有する。

木村 博之

TUBE GRAPHICS

専門:インフォグラフィックス

(株)チューブグラフィックス代表取締役。SND国際コンテスト審査員、経済産業省「ツタグラ」アドバイザリーボード、日本経済新聞社デザインコンサルタントなどを経て、現在、本務のインフォグラフィックス制作や企業コンサルタントのほか、千葉大学工学部などで講師を務める。著書に『インフォグラフィックス』(誠文堂新光社)などがある。最近、「つなぐ」を意識し、小学生以上を対象に、空間認知能力や可視化能力を高めるデザイン教育に取り組んでいる。

藤元 健太郎

D4DR

専門:ビジネス/分析・コンサルティングD4DR inc. 代表取締役社長/コンサルタント。1994 年に野村総合研究所で日本最初のインターネットビジネス実験サイト「サイバービジネスパーク」をトータルプロデューサーとして立ち上げる。2002年からコンサルティング会社D4DRを中心に活動。大企業のデジタル分野の新規事業立案やマーケティング戦略立案などを多数手がける一方でPLANTIOなどベンチャー経営にも多数関わる。江戸の仕組みがポスト工業化社会のヒントという「超江戸社会」を提唱。関東学院大学非常勤講師。日経MJ,Newsweek日本版でコラムを連載中。近著は『ニューノーマル時代のビジネス革命』日経BP。

渡邊 恵太

明治大学

専門:インタラクションデザイン明治大学総合数理学部 先端メデイアサイエンス学科 准教授。シードルインタラクションデザイン(株)代表取締役社長。 慶應義塾大学政策メディア研究科博士課程修了。博士(政策・メディア)。知覚や身体性を活かしたインターフェイスデザインやネットを前提としたインタラクション手法を研究。近著に『融けるデザイン ハードxソフトxネットの時代の新たな設計論』(BNN新社、2015)などがある。

岩渕 匡敦

Boston Consulting Group

専門:戦略/デジタル・コンサルティングBoston Consulting Group Tokyo、 Partner and Managing Director ソフトバンク、複数のIT・ベンチャー企業のマネジメントを経験後、Deloitteのデジタル戦略プラクティス責任者、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て2019年にBCGに入社。BCGデジタル&アナリティクスのコアメンバー。ハイテク・メディア・通信、自動車、消費財、エネルギー産業のデジタル戦略・トランスフォーメーションに加え、先端技術を用いたイノベーション創出、サプライチェーン、マーケティング、成長戦略を得意とする。欧州、米州、アジアを含む20か国を超えるグローバルプロジェクトを経験。

上平 崇仁

専修大学

専門:情報デザイン / CoDesign

専修大学ネットワーク情報学部教授。グラフィックデザイナーを経て、2000 年から情報デザインの教育・研究に従事。近年は社会性への視点を強め、デザイナーだけでは手に負えない複雑な問題を人々の相互作用の中で創造的に解決していくためのCoDesign(協働のデザイン)の仕組みづくりについて取り組んでいる。2015-16 にはコペンハーゲンIT 大学客員研究員として、北欧流参加型デザインの調査研究に従事。著書に『コ・デザインーデザインすることをみんなの手に 』(NTT出版)などがある。

村越 悟

Ubie

専門:IA、UXデザイン


デザインエージェンシーにて、10年ほどクライアント企業のWeb・デジタルメディアの活用戦略コンサルティング、Webサイト構築に従事、その後事業会社にてUXデザイン組織の立ち上げ、マネジメントを経験、2年で全社にUXデザインの考え方を浸透させ、2015年より株式会社グッドパッチにジョイン、国内受託事業の責任者として着任後業績を昨年対比で145%成長を実現させる。2016年より海外事業の展開強化により、執行役員としてグローバルでのクライアントサービスの事業部門を立ち上げる。2017年にアクセンチュアへ入社。アクセンチュアでは、主に保険会社を中心としたデジタルトランスフォーメーションプロジェクトやデザインシンキングを活用したプロトタイピング、サービス企画に関するプロジェクトに多数参画、2021年2月Ubie株式会社に入社。

天沼 聰

エアークローゼット

専門:UX、スタートアップ・コンサルティング 

(株)エアークローゼット代表取締役CEO。ロンドン大学卒業後、コンサルティングファームに入社。IT・戦略コンサルタントのマネージャーとして約 9 年経験を積み、戦略、IT 及びWeb を専門に活動。2011 年に楽天(株)に入社。UI/UX に特化した海外13 拠点へのサポートグループを一から組成し、グローバルマネージャーを務める。Web/EC 業界の将来性を肌で感じると共に、市場における課題を感じ、仲間と共に “新しいライフスタイルを作る“を理念に(株)ノイエジーク(現:(株)エアークローゼット)を設立。

坂田 一倫

UXディレクター

専門:サービスデザイン、UXデザイン

慶應SFCを卒業後、楽天株式会社に入社しUIデザイナーとしてキャリアをスタート。ウェブサービスのリニューアルやUX改善に従事。その後、UXデザイナーとしてプロダクト戦略に基づくUX改善施策の立案から実務の遂行を担当。2016年にプロダクトマネージャーに転身し、アジャイル開発コンサルティング会社 Pivotal Labs Tokyo に入社。LeanXP の思想に基づいたプロダクト開発手法を用いてクライアントのDXを支援。2021年より SaaS 企業のUXディレクターに就任。

大崎 優

コンセント

専門:グラフィックデザイン、サービスデザイン

株式会社コンセント取締役、Service Design部門、Design Solution部門管掌。シニアサービスデザイナー、デザインマネージャー。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業後、グラフィックデザイナーとしてキャリアをスタートし、2012年にコンセントにてサービスデザイン部門を立ち上げる。大手企業を中心に新規事業開発やブランディング、デザイン組織構築、デザイン人材の育成支援に携わる。HCD-Net評議委員。コンセントDesign Leadershipメンバー。

伊賀 聡一郎

​エクスパーク

専門:イノベーション/エスノグラフィー

エクスパーク合同会社代表(CEO)。(株)リコー、リコー経済社会研究所、米国パロアルト研究所(PARC)日本代表を経て、エクスパーク合同会社設立。テクノロジー中心のイノベーションと、エスノグラフィを基軸とした人間中心のイノベーションの両面で幅広い経験を持つ。D.A.ノーマン氏による著書の翻訳など多数。北陸先端科学技術大学院大学客員教授、産業技術大学院大学非常勤講師、東京女子大学非常勤講師など。博士(政策・メディア)

奥山 真広

​KDDI

専門:サービスデザイン/プロジェクトマネジメント

KDDI株式会社 UX・サービスデザイン部 サービスデザイナー。通信会社のコンタクトセンターにてエンドユーザーと向き合う経験からキャリアをスタート。複雑化する社会やプロジェクトに対して、そもそもを考えるデザインプロセスと、広くプロジェクトがゴールに向かうための推進力としてのプロジェクトマネジメントを軸に、一貫したプロジェクトデザイン推進を得意とする。2019年度からXデザイン学校 ベーシックコース、ビギナーコースのチューターを担当。

坂田 一倫

UXディレクター

専門:サービスデザイン、UXデザイン
慶應SFCを卒業後、楽天株式会社に入社しUIデザイナーとしてキャリアをスタート。ウェブサービスのリニューアルやUX改善に従事。その後、UXデザイナーとしてプロダクト戦略に基づくUX改善施策の立案から実務の遂行を担当。2016年にプロダクトマネージャーに転身し、アジャイル開発コンサルティング会社 Pivotal Labs Tokyo に入社。LeanXP の思想に基づいたプロダクト開発手法を用いてクライアントのDXを支援。2021年より SaaS 企業のUXディレクターに就任。

大崎 優

コンセント

専門:グラフィックデザイン、サービスデザイン
株式会社コンセント取締役、Service Design部門、Design Solution部門管掌。シニアサービスデザイナー、デザインマネージャー。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業後、グラフィックデザイナーとしてキャリアをスタートし、2012年にコンセントにてサービスデザイン部門を立ち上げる。大手企業を中心に新規事業開発やブランディング、デザイン組織構築、デザイン人材の育成支援に携わる。HCD-Net評議委員。コンセントDesign Leadershipメンバー。

村越 悟

Ubie

専門:IA、UXデザイン

デザインエージェンシーにて、10年ほどクライアント企業のWeb・デジタルメディアの活用戦略コンサルティング、Webサイト構築に従事、その後事業会社にてUXデザイン組織の立ち上げ、マネジメントを経験、2年で全社にUXデザインの考え方を浸透させ、2015年より株式会社グッドパッチにジョイン、国内受託事業の責任者として着任後業績を昨年対比で145%成長を実現させる。2016年より海外事業の展開強化により、執行役員としてグローバルでのクライアントサービスの事業部門を立ち上げる。2017年にアクセンチュアへ入社。アクセンチュアでは、主に保険会社を中心としたデジタルトランスフォーメーションプロジェクトやデザインシンキングを活用したプロトタイピング、サービス企画に関するプロジェクトに多数参画、2021年2月Ubie株式会社に入社。

天沼 聰

エアークローゼット

専門:UX、スタートアップ・コンサルティング 
(株)エアークローゼット代表取締役CEO。ロンドン大学卒業後、コンサルティングファームに入社。IT・戦略コンサルタントのマネージャーとして約 9 年経験を積み、戦略、IT 及びWeb を専門に活動。2011 年に楽天(株)に入社。UI/UX に特化した海外13 拠点へのサポートグループを一から組成し、グローバルマネージャーを務める。Web/EC 業界の将来性を肌で感じると共に、市場における課題を感じ、仲間と共に “新しいライフスタイルを作る“を理念に(株)ノイエジーク(現:(株)エアークローゼット)を設立。

岩渕 匡敦

Boston Consulting Group

専門:戦略/デジタル・コンサルティング
Boston Consulting Group Tokyo、 Partner and Managing Director ソフトバンク、複数のIT・ベンチャー企業のマネジメントを経験後、Deloitteのデジタル戦略プラクティス責任者、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て2019年にBCGに入社。BCGデジタル&アナリティクスのコアメンバー。ハイテク・メディア・通信、自動車、消費財、エネルギー産業のデジタル戦略・トランスフォーメーションに加え、先端技術を用いたイノベーション創出、サプライチェーン、マーケティング、成長戦略を得意とする。欧州、米州、アジアを含む20か国を超えるグローバルプロジェクトを経験。

上平 崇仁

専修大学

専門:情報デザイン / CoDesign
専修大学ネットワーク情報学部教授。グラフィックデザイナーを経て、2000 年から情報デザインの教育・研究に従事。近年は社会性への視点を強め、デザイナーだけでは手に負えない複雑な問題を人々の相互作用の中で創造的に解決していくためのCoDesign(協働のデザイン)の仕組みづくりについて取り組んでいる。2015-16 にはコペンハーゲンIT 大学客員研究員として、北欧流参加型デザインの調査研究に従事。著書に『コ・デザインーデザインすることをみんなの手に 』(NTT出版)などがある。

伊賀 聡一郎

エクスパーク

専門:イノベーション/エスノグラフィー
エクスパーク合同会社代表(CEO)。(株)リコー、リコー経済社会研究所、米国パロアルト研究所(PARC)日本代表を経て、エクスパーク合同会社設立。テクノロジー中心のイノベーションと、エスノグラフィを基軸とした人間中心のイノベーションの両面で幅広い経験を持つ。D.A.ノーマン氏による著書の翻訳など多数。北陸先端科学技術大学院大学客員教授、産業技術大学院大学非常勤講師、東京女子大学非常勤講師など。博士(政策・メディア)

安藤 昌也

千葉工業大学

専門:ユーザーエクスペリエンス、人間中心設計
千葉工業大学先進工学部知能メディア工学科教授。ユーザーエクスペリエンス、人間中心設計、エスノグラフィックデザインアプローチなどの研究、教育に従事する。“利他的UX”を提唱し、「やってあげるデザイン」の原理の研究などにも注力。人間中心設計推進機構理事等を歴任。同機構認定 人間中心設計専門家。他に専門社会調査士の資格を有する。

木村 博之

TUBE GRAPHICS

専門:インフォグラフィックス
(株)チューブグラフィックス代表取締役。SND国際コンテスト審査員、経済産業省「ツタグラ」アドバイザリーボード、日本経済新聞社デザインコンサルタントなどを経て、現在、本務のインフォグラフィックス制作や企業コンサルタントのほか、千葉大学工学部などで講師を務める。著書に『インフォグラフィックス』(誠文堂新光社)などがある。最近、「つなぐ」を意識し、小学生以上を対象に、空間認知能力や可視化能力を高めるデザイン教育に取り組んでいる。

小池 星多

東京都市大学

専門:情報デザイン
東京都市大学メディア情報学部社会メディア学科教授。千葉大学工学部工業意匠学科卒業。同自然科学研究科後期博士課程修了、博士(学術)。多摩美術大学助手、東京家政学院大学専任講師を経て現職。2012 年、アメリカインディアナ州立大学客員研究員。著書に『おしゃべりロボット「マグボット」-ラズパイとArduino で電子工作-』(リックテレコム、2016)などがある。

小島 健嗣

design MeME

専門:イノベーション戦略
design MeME(デザインミーム)合同会社代表。富士フイルム デザインセンター、技術戦略部、ビジネス開発・創出部を経て 2022年design MeME合同会社設立。前 FUJIFILM Open Innovation Hub館長。共創によるイノベーション創出を支援するデザイン、人材育成に取り組んでいる。千葉大学工学部工業意匠学科卒。著書に『情報デザイ ンのワークショップ 』(共著/丸善出版)などがある。

原田 泰

デザインコンパス

専門:情報デザイン、コミュニケーションデザイン
​株式会社デザインコンパス 代表。筑波大学芸術専門学群卒業。博士(感性科学/筑波大学)。凸版印刷(株)、(株)リクルート、筑波大学(芸術学系)、多摩美術大学(情報デザイン学科)、千葉工業大学(デザイン科学科)、公立はこだて未来大学(情報アーキテクチャ学科)などでデザイン実践・教育・研究に携わる。2022年4月より現職。知識・経験の視覚化をテーマとしたコミュニケーションデザインの方法と表現、人材育成に取り組んでいる。著書に『図解力アップドリル』(ワークスコーポレーション)などがある。

矢崎 智基

KDDI総合研究所

専門:人間中心設計、インタフェースデザイン
(株)KDDI総合研究所フューチャーデザイン2部門共創戦略グループ、グループリーダー。国際電信電話(株)(現 KDDI(株))入社。(株)KDDI研究所にて光通信用デバイス、空間光伝送技術、ユーザーインタフェース、サービスデザイン、ビジョンデザインなどの領域の研究に従事。現在は先進生活者との共創コミュニティの運営や共創プロジェクトの企画立案・推進の業務を担当。博士(工学)。HCD-Net認定人間中心設計専門家。HCD専門資格認定センターセンター長(2020年〜)。

日野 隆史

ヤフー

専門:UXデザイン/セキュリティ
Zホールディングス(株)本体のセキュリテイ業務リーダー兼グループセキュリティ教育リーダー。金融機関を経てヤフー (株)入社、2021年10月より現職。
UXデザインを業務やサービスの課題解決に取り入れ実践で活用することでZホールディングスグループのセキュリティレベル向上に取り組んでいる。
同時に社会人や各大学向けにUXデザインやセキュリティの教鞭をとり、未来の人材育成に尽力中。HCD-Net認定人間中心設計専門家。

安西 洋之

モバイルクルーズ

専門:ビジネスプラン/イノベーション
モバイルクルーズ株式会社代表取締役。De-Tales Ltd.ディレクター。 東京とミラノを拠点としたビジネス+デザインのデザイナー。欧州とアジアの企業間提携の提案、商品企画や販売戦略等に多数参画してきた。同時にデザイン分野との関わりも深い。2000年代からカーナビなどの電子機器インターフェースの欧州市場向けユーザビリティやローカリゼーションに関わり、デザインを通じた異文化理解の仕方「ローカリゼーションマップ」の啓蒙活動をはじめた。2017年、ベルガンティ『突破するデザイン』の監修に関与して以降、意味のイノベーションのエヴァンジェリストとして活動するなかで、現在はラグジュアリーの新しい意味を探索中。また、ソーシャル・イノベーションを促すデザイン文化についてもリサーチ中である。

佐々 牧雄

関東学院大学

専門:UXデザイン/エスノグラフィー

関東学院大学人間共生学部 共生デザイン学科教授。ユーザーエクスペリエンス(顧客の体験)、およびユーザーエクスペリエンス・デザインの研究者。工学博士。1984年 千葉大学工学部工業意匠学科卒業。NECデザインにて工業デザイナーとしてキャリアをスタート、日産自動車系列のデザイン・マネジメントコンサルタント会社である株式会社イード、パロアルト研究所シニアUXリサーチャーとしてエスノグラフィを中心に研究・調査を経て現職。

佐藤 啓一郎

フィラメント

専門:新規事業/UXデザイン

株式会社フィラメント取締役CXO。前職にて家電製品、通信機器、ビジネス機器の製品および関連サービスのUXデザインを行う部門を立ち上げ運営。社内外とのオープンコラボレーションを推進するとともに領域を超える人材の育成発掘も手がける。2018年4月よりその経験を活かしてUX視点を用いた新規事業開発支援に取り組んでいる。

奥山 真広

KDDI

専門:サービスデザイン/プロジェクトマネジメント
KDDI株式会社 UX・サービスデザイン部 サービスデザイナー。通信会社のコンタクトセンターにてエンドユーザーと向き合う経験からキャリアをスタート。複雑化する社会やプロジェクトに対して、そもそもを考えるデザインプロセスと、広くプロジェクトがゴールに向かうための推進力としてのプロジェクトマネジメントを軸に、一貫したプロジェクトデザイン推進を得意とする。2019年度からXデザイン学校 ベーシックコース、ビギナーコースのチューターを担当。

渡邊 恵太

明治大学

専門:インタラクションデザイン
明治大学総合数理学部 先端メデイアサイエンス学科 准教授。シードルインタラクションデザイン(株)代表取締役社長。 慶應義塾大学政策メディア研究科博士課程修了。博士(政策・メディア)。知覚や身体性を活かしたインターフェイスデザインやネットを前提としたインタラクション手法を研究。近著に『融けるデザイン ハードxソフトxネットの時代の新たな設計論』(BNN新社、2015)などがある。

藤元 健太郎

D4DR

専門:ビジネス / 分析・コンサルティングD4DR inc. 代表取締役社長/コンサルタント。1994 年に野村総合研究所で日本最初の インターネットビジネス実験サイト「サイバービジネスパーク」をトータルプロデューサーと して立ち上げる。2002年からコンサルティング会社D4DRを中心に活動。大企業のデジタ ル分野の新規事業立案やマーケティング戦略立案などを多数手がける一方でPLANTIOな どベンチャー経営にも多数関わる。江戸の仕組みがポスト工業化社会のヒントという「超江 戸社会」を提唱。関東学院大学非常勤講師。日経MJ,Newsweek日本版でコラムを連載中。 近著は「ニューノーマル時代のビジネス革命」日経BP。

坂田 一倫

UXディレクター

専門:サービスデザイン、UXデザイン
慶應SFCを卒業後、楽天株式会社に入社しUIデザイナーとしてキャリアをスタート。ウェブサービスのリニューアルやUX改善に従事。その後、UXデザイナーとしてプロダクト戦略に基づくUX改善施策の立案から実務の遂行を担当。2016年にプロダクトマネージャーに転身し、アジャイル開発コンサルティング会社 Pivotal Labs Tokyo に入社。LeanXP の思想に基づいたプロダクト開発手法を用いてクライアントのDXを支援。2021年より SaaS 企業のUXディレクターに就任。

大崎 優

コンセント

専門:グラフィックデザイン、サービスデザイン
株式会社コンセント取締役、Service Design部門、Design Solution部門管掌。シニアサービスデザイナー、デザインマネージャー。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業後、グラフィックデザイナーとしてキャリアをスタートし、2012年にコンセントにてサービスデザイン部門を立ち上げる。大手企業を中心に新規事業開発やブランディング、デザイン組織構築、デザイン人材の育成支援に携わる。HCD-Net評議委員。コンセントDesign Leadershipメンバー。

村越 悟

Ubie

専門:IA、UXデザイン


デザインエージェンシーにて、10年ほどクライアント企業のWeb・デジタルメディアの活用戦略コンサルティング、Webサイト構築に従事、その後事業会社にてUXデザイン組織の立ち上げ、マネジメントを経験、2年で全社にUXデザインの考え方を浸透させ、2015年より株式会社グッドパッチにジョイン、国内受託事業の責任者として着任後業績を昨年対比で145%成長を実現させる。2016年より海外事業の展開強化により、執行役員としてグローバルでのクライアントサービスの事業部門を立ち上げる。2017年にアクセンチュアへ入社。アクセンチュアでは、主に保険会社を中心としたデジタルトランスフォーメーションプロジェクトやデザインシンキングを活用したプロトタイピング、サービス企画に関するプロジェクトに多数参画、2021年2月Ubie株式会社に入社。

天沼 聰

エアークローゼット

専門:UX、スタートアッフ・コンサルティング 
(株)エアークローゼット代表取締役CEO。ロンドン大学卒業後、コンサルティングファームに入社。IT・戦略コンサルタントのマネージャーとして約 9 年経験を積み、戦略、IT 及びWeb を専門に活動。2011 年に楽天(株)に入社。UI/UX に特化した海外13 拠点へのサポートグループを一から組成し、グローバルマネージャーを務める。Web/EC 業界の将来性を肌で感じると共に、市場における課題を感じ、仲間と共に “新しいライフスタイルを作る“を理念に(株)ノイエジーク(現:(株)エアークローゼット)を設立。

岩渕 匡敦

Boston Consulting Group

専門:戦略/デジタル・コンサルティング
Boston Consulting Group Tokyo、 Partner and Managing Director ソフトバンク、複数のIT・ベンチャー企業のマネジメントを経験後、Deloitteのデジタル戦略プラクティス責任者、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て2019年にBCGに入社。BCGデジタル&アナリティクスのコアメンバー。ハイテク・メディア・通信、自動車、消費財、エネルギー産業のデジタル戦略・トランスフォーメーションに加え、先端技術を用いたイノベーション創出、サプライチェーン、マーケティング、成長戦略を得意とする。欧州、米州、アジアを含む20か国を超えるグローバルプロジェクトを経験。

上平 崇仁

専修大学

専門:情報デザイン / CoDesign
専修大学ネットワーク情報学部教授。グラフィックデザイナーを経て、2000 年から情報デザインの教育・研究に従事。近年は社会性への視点を強め、デザイナーだけでは手に負えない複雑な問題を人々の相互作用の中で創造的に解決していくためのCoDesign(協働のデザイン)の仕組みづくりについて取り組んでいる。2015-16 にはコペンハーゲンIT 大学客員研究員として、北欧流参加型デザインの調査研究に従事。著書に『コ・デザインーデザインすることをみんなの手に 』(NTT出版)などがある。

藤元 健太郎

D4DR

専門:ビジネス/分析・コンサルティング
D4DR inc. 代表取締役社長/コンサルタント。1994 年に野村総合研究所で日本最初のインターネットビジネス実験サイト「サイバービジネスパーク」をトータルプロデューサーとして立ち上げる。2002年からコンサルティング会社D4DRを中心に活動。大企業のデジタル分野の新規事業立案やマーケティング戦略立案などを多数手がける一方でPLANTIOなどベンチャー経営にも多数関わる。江戸の仕組みがポスト工業化社会のヒントという「超江戸社会」を提唱。関東学院大学非常勤講師。日経MJ,Newsweek日本版でコラムを連載中。近著は『ニューノーマル時代のビジネス革命』日経BP。

渡邊 恵太

明治大学

専門:インタラクションデザイン
明治大学総合数理学部 先端メデイアサイエンス学科 准教授。シードルインタラクションデザイン(株)代表取締役社長。 慶應義塾大学政策メディア研究科博士課程修了。博士(政策・メディア)。知覚や身体性を活かしたインターフェイスデザインやネットを前提としたインタラクション手法を研究。近著に『融けるデザイン ハードxソフトxネットの時代の新たな設計論』(BNN新社、2015)などがある。

安藤 昌也

千葉工業大学

専門:ユーザーエクスペリエンス、人間中心設計
千葉工業大学先進工学部知能メディア工学科教授。ユーザーエクスペリエンス、人間中心設計、エスノグラフィックデザインアプローチなどの研究、教育に従事する。“利他的UX”を提唱し、「やってあげるデザイン」の原理の研究などにも注力。人間中心設計推進機構理事等を歴任。同機構認定 人間中心設計専門家。他に専門社会調査士の資格を有する。

木村 博之

TUBE GRAPHICS

専門:インフォグラフィックス
(株)チューブグラフィックス代表取締役。SND国際コンテスト審査員、経済産業省「ツタグラ」アドバイザリーボード、日本経済新聞社デザインコンサルタントなどを経て、現在、本務のインフォグラフィックス制作や企業コンサルタントのほか、千葉大学工学部などで講師を務める。著書に『インフォグラフィックス』(誠文堂新光社)などがある。最近、「つなぐ」を意識し、小学生以上を対象に、空間認知能力や可視化能力を高めるデザイン教育に取り組んでいる。

小池 星多

東京都市大学

専門:情報デザイン
東京都市大学メディア情報学部社会メディア学科教授。千葉大学工学部工業意匠学科卒業。同自然科学研究科後期博士課程修了、博士(学術)。多摩美術大学助手、東京家政学院大学専任講師を経て現職。2012 年、アメリカインディアナ州立大学客員研究員。著書に『おしゃべりロボット「マグボット」-ラズパイとArduino で電子工作-』(リックテレコム、2016)などがある。

小島 健嗣

design MeME

専門:イノベーション戦略
design MeME(デザインミーム)合同会社代表。富士フイルム デザインセンター、技術戦略部、ビジネス開発・創出部を経て 2022年design MeME合同会社設立。前 FUJIFILM Open Innovation Hub館長。共創によるイノベーション創出を支援するデザイン、人材育成に取り組んでいる。千葉大学工学部工業意匠学科卒。著書に『情報デザイ ンのワークショップ 』(共著/丸善出版)などがある。

原田 泰

デザインコンパス

専門:情報デザイン、コミュニケーションデザイン
​株式会社デザインコンパス 代表。筑波大学芸術専門学群卒業。博士(感性科学/筑波大学)。凸版印刷(株)、(株)リクルート、筑波大学(芸術学系)、多摩美術大学(情報デザイン学科)、千葉工業大学(デザイン科学科)、公立はこだて未来大学(情報アーキテクチャ学科)などでデザイン実践・教育・研究に携わる。2022年4月より現職。知識・経験の視覚化をテーマとしたコミュニケーションデザインの方法と表現、人材育成に取り組んでいる。著書に『図解力アップドリル』(ワークスコーポレーション)などがある。

矢崎 智基

KDDI総合研究所

専門:人間中心設計、インタフェースデザイン
(株)KDDI総合研究所フューチャーデザイン2部門共創戦略グループ、グループリーダー。国際電信電話(株)(現 KDDI(株))入社。(株)KDDI研究所にて光通信用デバイス、空間光伝送技術、ユーザーインタフェース、サービスデザイン、ビジョンデザインなどの領域の研究に従事。現在は先進生活者との共創コミュニティの運営や共創プロジェクトの企画立案・推進の業務を担当。博士(工学)。HCD-Net認定人間中心設計専門家。HCD専門資格認定センターセンター長(2020年〜)。

日野 隆史

ヤフー

専門:UXデザイン/セキュリティ
Zホールディングス(株)本体のセキュリテイ業務リーダー兼グループセキュリティ教育リーダー。金融機関を経てヤフー (株)入社、2021年10月より現職。
UXデザインを業務やサービスの課題解決に取り入れ実践で活用することでZホールディングスグループのセキュリティレベル向上に取り組んでいる。
同時に社会人や各大学向けにUXデザインやセキュリティの教鞭をとり、未来の人材育成に尽力中。HCD-Net認定人間中心設計専門家。

安西 洋之

モバイルクルーズ

専門:ビジネスプラン/イノベーション
モバイルクルーズ株式会社代表取締役。De-Tales Ltd.ディレクター。 東京とミラノを拠点としたビジネス+デザインのデザイナー。欧州とアジアの企業間提携の提案、商品企画や販売戦略等に多数参画してきた。同時にデザイン分野との関わりも深い。2000年代からカーナビなどの電子機器インターフェースの欧州市場向けユーザビリティやローカリゼーションに関わり、デザインを通じた異文化理解の仕方「ローカリゼーションマップ」の啓蒙活動をはじめた。2017年、ベルガンティ『突破するデザイン』の監修に関与して以降、意味のイノベーションのエヴァンジェリストとして活動するなかで、現在はラグジュアリーの新しい意味を探索中。また、ソーシャル・イノベーションを促すデザイン文化についてもリサーチ中である。

佐々 牧雄

関東学院大学

専門:UXデザイン/エスノグラフィー
関東学院大学人間共生学部 共生デザイン学科教授。ユーザーエクスペリエンス(顧客の体験)、およびユーザーエクスペリエンス・デザインの研究者。工学博士。1984年 千葉大学工学部工業意匠学科卒業。NECデザインにて工業デザイナーとしてキャリアをスタート、日産自動車系列のデザイン・マネジメントコンサルタント会社である株式会社イード、パロアルト研究所シニアUXリサーチャーとしてエスノグラフィを中心に研究・調査を経て現職。

佐藤 啓一郎

フィラメント

専門:新規事業/UXデザイン
株式会社フィラメント取締役CXO。前職にて家電製品、通信機器、ビジネス機器の製品および関連サービスのUXデザインを行う部門を立ち上げ運営。社内外とのオープンコラボレーションを推進するとともに領域を超える人材の育成発掘も手がける。2018年4月よりその経験を活かしてUX視点を用いた新規事業開発支援に取り組んでいる。

● Xデザイン学校共同代表

浅野 智

経験デザイン研究所(UXD-Lab)

Xデザイン学校共同代表、(株) 経験デザイン研究所(UXD-Lab)代表取締役所長。多摩美術大学大学院を修了後、同校教員を経て岩崎学園勤務。学校経営、教育プログラム開発と並行して大手IT企業、メーカーのコンサルタントを務める2014年よりコンサルタント業に専念。現在は、企業や地域社会のイノベーション創出に関する研究・教育活動、コンサルティング事業を行っている。著書に『情報デザインの教室』(共著、丸善出版)などがある。最近の関心は、企業の中堅社員の再教育。企業における講演・研修・ワークショップを毎年50件以上実施。

山崎 和彦

Smile Experience Design Studio

Xデザイン学校共同代表、Smile Experience Design Studio代表。武蔵野美術大学教授、PLANTIO(株)CDO。京都工芸繊維大学卒業後、クリナップ工業(株)、日本IBM(株)UXデザインセンターマネージャー(技術理事)を経て現職。米国IBM社 Academy of Technologyのメンバー、日本デザイン学会理事、日本インダストリアルデザイナー協会理事、グッドデザイン賞選定委員、経済産業省デザイン思考活用推進委員会座長、HCD-Net副理事長など歴任。神戸芸術工科大学・博士(芸術工学)授与、東京大学 博士課程単位取得満期退学。著書多数。デザインの実践・研究・教育とコンサルティングに従事。

● 講師/アドバイザー

伊賀 聡一郎

​エクスパーク

専門:イノベーション/エスノグラフィー

エクスパーク合同会社代表(CEO)。(株)リコー、リコー経済社会研究所、米国パロアルト研究所(PARC)日本代表を経て、エクスパーク合同会社設立。テクノロジー中心のイノベーションと、エスノグラフィを基軸とした人間中心のイノベーションの両面で幅広い経験を持つ。D.A.ノーマン氏による著書の翻訳など多数。北陸先端科学技術大学院大学客員教授、産業技術大学院大学非常勤講師、東京女子大学非常勤講師など。博士(政策・メディア)

奥山 真広

​KDDI

専門:サービスデザイン/プロジェクトマネジメント

KDDI株式会社 UX・サービスデザイン部 サービスデザイナー。通信会社のコンタクトセンターにてエンドユーザーと向き合う経験からキャリアをスタート。複雑化する社会やプロジェクトに対して、そもそもを考えるデザインプロセスと、広くプロジェクトがゴールに向かうための推進力としてのプロジェクトマネジメントを軸に、一貫したプロジェクトデザイン推進を得意とする。2019年度からXデザイン学校 ベーシックコース、ビギナーコースのチューターを担当。

佐々 牧雄

​関東学院大学

専門:UXデザイン/エスノグラフィー

関東学院大学人間共生学部 共生デザイン学科教授。ユーザーエクスペリエンス(顧客の体験)、およびユーザーエクスペリエンス・デザインの研究者。工学博士。1984年 千葉大学工学部工業意匠学科卒業。NECデザインにて工業デザイナーとしてキャリアをスタート、日産自動車系列のデザイン・マネジメントコンサルタント会社である株式会社イード、パロアルト研究所シニアUXリサーチャーとしてエスノグラフィを中心に研究・調査を経て現職。

佐藤 啓一郎

​フィラメント

専門:新規事業/UXデザイン

株式会社フィラメント取締役CXO。前職にて家電製品、通信機器、ビジネス機器の製品および関連サービスのUXデザインを行う部門を立ち上げ運営。社内外とのオープンコラボレーションを推進するとともに領域を超える人材の育成発掘も手がける。2018年4月よりその経験を活かしてUX視点を用いた新規事業開発支援に取り組んでいる。

日野 隆史

ヤフー

専門:UXデザイン/セキュリティ

Zホールディングス(株)本体のセキュリテイ業務リーダー兼グループセキュリティ教育リーダー。金融機関を経てヤフー (株)入社、2021年10月より現職。UXデザインを業務やサービスの課題解決に取り入れ実践で活用することでZホールディングスグループのセキュリティレベル向上に取り組んでいる。同時に社会人や各大学向けにUXデザインやセキュリティの教鞭をとり、未来の人材育成に尽力中。HCD-Net認定人間中心設計専門家。

安西 洋之

モバイルクルーズ

専門:ビジネスプラン/イノベーション

モバイルクルーズ株式会社代表取締役。De-Tales Ltd.ディレクター。 東京とミラノを拠点としたビジネス+デザインのデザイナー。欧州とアジアの企業間提携の提案、商品企画や販売戦略等に多数参画してきた。同時にデザイン分野との関わりも深い。2000年代からカーナビなどの電子機器インターフェースの欧州市場向けユーザビリティやローカリゼーションに関わり、デザインを通じた異文化理解の仕方「ローカリゼーションマップ」の啓蒙活動をはじめた。2017年、ベルガンティ『突破するデザイン』の監修に関与して以降、意味のイノベーションのエヴァンジェリストとして活動するなかで、現在はラグジュアリーの新しい意味を探索中。また、ソーシャル・イノベーションを促すデザイン文化についてもリサーチ中である。

原田 泰

デザインコンパス

専門:情報デザイン、コミュニケーションデザイン

​株式会社デザインコンパス 代表。筑波大学芸術専門学群卒業。博士(感性科学/筑波大学)。凸版印刷(株)、(株)リクルート、筑波大学(芸術学系)、多摩美術大学(情報デザイン学科)、千葉工業大学(デザイン科学科)、公立はこだて未来大学(情報アーキテクチャ学科)などでデザイン実践・教育・研究に携わる。2022年4月より現職。知識・経験の視覚化をテーマとしたコミュニケーションデザインの方法と表現、人材育成に取り組んでいる。著書に『図解力アップドリル』(ワークスコーポレーション)などがある。

矢崎 智基

KDDI総合研究所

専門:人間中心設計、インタフェースデザイン

(株)KDDI総合研究所フューチャーデザイン2部門共創戦略グループ、グループリーダー。国際電信電話(株)(現 KDDI(株))入社。(株)KDDI研究所にて光通信用デバイス、空間光伝送技術、ユーザーインタフェース、サービスデザイン、ビジョンデザインなどの領域の研究に従事。現在は先進生活者との共創コミュニティの運営や共創プロジェクトの企画立案・推進の業務を担当。博士(工学)。HCD-Net認定人間中心設計専門家。HCD専門資格認定センターセンター長(2020年〜)。

小池 星多

東京都市大学

専門:情報デザイン

東京都市大学メディア情報学部社会メディア学科教授。千葉大学工学部工業意匠学科卒業。同自然科学研究科後期博士課程修了、博士(学術)。多摩美術大学助手、東京家政学院大学専任講師を経て現職。2012 年、アメリカインディアナ州立大学客員研究員。著書に『おしゃべりロボット「マグボット」-ラズパイとArduino で電子工作-』(リックテレコム、2016)などがある。

小島 健嗣

design MeME

専門:イノベーション戦略

design MeME(デザインミーム)合同会社代表。富士フイルム デザインセンター、技術戦略部、ビジネス開発・創出部を経て 2022年design MeME合同会社設立。前 FUJIFILM Open Innovation Hub館長。共創によるイノベーション創出を支援するデザイン、人材育成に取り組んでいる。千葉大学工学部工業意匠学科卒。著書に『情報デザイ ンのワークショップ 』(共著/丸善出版)などがある。

安藤 昌也

千葉工業大学

専門:ユーザーエクスペリエンス、人間中心設計千葉工業大学先進工学部知能メディア工学科教授。ユーザーエクスペリエンス、人間中心設計、エスノグラフィックデザインアプローチなどの研究、教育に従事する。“利他的UX”を提唱し、「やってあげるデザイン」の原理の研究などにも注力。人間中心設計推進機構理事等を歴任。同機構認定 人間中心設計専門家。他に専門社会調査士の資格を有する。

木村 博之

TUBE GRAPHICS

専門:インフォグラフィックス

(株)チューブグラフィックス代表取締役。SND国際コンテスト審査員、経済産業省「ツタグラ」アドバイザリーボード、日本経済新聞社デザインコンサルタントなどを経て、現在、本務のインフォグラフィックス制作や企業コンサルタントのほか、千葉大学工学部などで講師を務める。著書に『インフォグラフィックス』(誠文堂新光社)などがある。最近、「つなぐ」を意識し、小学生以上を対象に、空間認知能力や可視化能力を高めるデザイン教育に取り組んでいる。

藤元 健太郎

D4DR

専門:ビジネス/分析・コンサルティングD4DR inc. 代表取締役社長/コンサルタント。1994 年に野村総合研究所で日本最初のインターネットビジネス実験サイト「サイバービジネスパーク」をトータルプロデューサーとして立ち上げる。2002年からコンサルティング会社D4DRを中心に活動。大企業のデジタル分野の新規事業立案やマーケティング戦略立案などを多数手がける一方でPLANTIOなどベンチャー経営にも多数関わる。江戸の仕組みがポスト工業化社会のヒントという「超江戸社会」を提唱。関東学院大学非常勤講師。日経MJ,Newsweek日本版でコラムを連載中。近著は『ニューノーマル時代のビジネス革命』日経BP。

渡邊 恵太

明治大学

専門:インタラクションデザイン明治大学総合数理学部 先端メデイアサイエンス学科 准教授。シードルインタラクションデザイン(株)代表取締役社長。 慶應義塾大学政策メディア研究科博士課程修了。博士(政策・メディア)。知覚や身体性を活かしたインターフェイスデザインやネットを前提としたインタラクション手法を研究。近著に『融けるデザイン ハードxソフトxネットの時代の新たな設計論』(BNN新社、2015)などがある。

岩渕 匡敦

Boston Consulting Group

専門:戦略/デジタル・コンサルティングBoston Consulting Group Tokyo、 Partner and Managing Director ソフトバンク、複数のIT・ベンチャー企業のマネジメントを経験後、Deloitteのデジタル戦略プラクティス責任者、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て2019年にBCGに入社。BCGデジタル&アナリティクスのコアメンバー。ハイテク・メディア・通信、自動車、消費財、エネルギー産業のデジタル戦略・トランスフォーメーションに加え、先端技術を用いたイノベーション創出、サプライチェーン、マーケティング、成長戦略を得意とする。欧州、米州、アジアを含む20か国を超えるグローバルプロジェクトを経験。

上平 崇仁

専修大学

専門:情報デザイン / CoDesign

専修大学ネットワーク情報学部教授。グラフィックデザイナーを経て、2000 年から情報デザインの教育・研究に従事。近年は社会性への視点を強め、デザイナーだけでは手に負えない複雑な問題を人々の相互作用の中で創造的に解決していくためのCoDesign(協働のデザイン)の仕組みづくりについて取り組んでいる。2015-16 にはコペンハーゲンIT 大学客員研究員として、北欧流参加型デザインの調査研究に従事。著書に『コ・デザインーデザインすることをみんなの手に 』(NTT出版)などがある。

村越 悟

Ubie

専門:IA、UXデザイン


デザインエージェンシーにて、10年ほどクライアント企業のWeb・デジタルメディアの活用戦略コンサルティング、Webサイト構築に従事、その後事業会社にてUXデザイン組織の立ち上げ、マネジメントを経験、2年で全社にUXデザインの考え方を浸透させ、2015年より株式会社グッドパッチにジョイン、国内受託事業の責任者として着任後業績を昨年対比で145%成長を実現させる。2016年より海外事業の展開強化により、執行役員としてグローバルでのクライアントサービスの事業部門を立ち上げる。2017年にアクセンチュアへ入社。アクセンチュアでは、主に保険会社を中心としたデジタルトランスフォーメーションプロジェクトやデザインシンキングを活用したプロトタイピング、サービス企画に関するプロジェクトに多数参画、2021年2月Ubie株式会社に入社。

天沼 聰

エアークローゼット

専門:UX、スタートアップ・コンサルティング 

(株)エアークローゼット代表取締役CEO。ロンドン大学卒業後、コンサルティングファームに入社。IT・戦略コンサルタントのマネージャーとして約 9 年経験を積み、戦略、IT 及びWeb を専門に活動。2011 年に楽天(株)に入社。UI/UX に特化した海外13 拠点へのサポートグループを一から組成し、グローバルマネージャーを務める。Web/EC 業界の将来性を肌で感じると共に、市場における課題を感じ、仲間と共に “新しいライフスタイルを作る“を理念に(株)ノイエジーク(現:(株)エアークローゼット)を設立。

坂田 一倫

UXディレクター

専門:サービスデザイン、UXデザイン

慶應SFCを卒業後、楽天株式会社に入社しUIデザイナーとしてキャリアをスタート。ウェブサービスのリニューアルやUX改善に従事。その後、UXデザイナーとしてプロダクト戦略に基づくUX改善施策の立案から実務の遂行を担当。2016年にプロダクトマネージャーに転身し、アジャイル開発コンサルティング会社 Pivotal Labs Tokyo に入社。LeanXP の思想に基づいたプロダクト開発手法を用いてクライアントのDXを支援。2021年より SaaS 企業のUXディレクターに就任。

大崎 優

コンセント

専門:グラフィックデザイン、サービスデザイン

株式会社コンセント取締役、Service Design部門、Design Solution部門管掌。シニアサービスデザイナー、デザインマネージャー。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業後、グラフィックデザイナーとしてキャリアをスタートし、2012年にコンセントにてサービスデザイン部門を立ち上げる。大手企業を中心に新規事業開発やブランディング、デザイン組織構築、デザイン人材の育成支援に携わる。HCD-Net評議委員。コンセントDesign Leadershipメンバー。

伊賀 聡一郎

​エクスパーク

専門:イノベーション/エスノグラフィー

エクスパーク合同会社代表(CEO)。(株)リコー、リコー経済社会研究所、米国パロアルト研究所(PARC)日本代表を経て、エクスパーク合同会社設立。テクノロジー中心のイノベーションと、エスノグラフィを基軸とした人間中心のイノベーションの両面で幅広い経験を持つ。D.A.ノーマン氏による著書の翻訳など多数。北陸先端科学技術大学院大学客員教授、産業技術大学院大学非常勤講師、東京女子大学非常勤講師など。博士(政策・メディア)

奥山 真広

​KDDI

専門:サービスデザイン/プロジェクトマネジメント

KDDI株式会社 UX・サービスデザイン部 サービスデザイナー。通信会社のコンタクトセンターにてエンドユーザーと向き合う経験からキャリアをスタート。複雑化する社会やプロジェクトに対して、そもそもを考えるデザインプロセスと、広くプロジェクトがゴールに向かうための推進力としてのプロジェクトマネジメントを軸に、一貫したプロジェクトデザイン推進を得意とする。2019年度からXデザイン学校 ベーシックコース、ビギナーコースのチューターを担当。

ADVISOR

講師/アドバイザー

Xデザイン学校、Xデザインフォーラムの講師や

アドバイザーをしてくれる仲間です。

伊賀 聡一郎

エクスパーク

専門:イノベーション/エスノグラフィー
エクスパーク合同会社代表(CEO)。(株)リコー、リコー経済社会研究所、米国パロアルト研究所(PARC)日本代表を経て、エクスパーク合同会社設立。テクノロジー中心のイノベーションと、エスノグラフィを基軸とした人間中心のイノベーションの両面で幅広い経験を持つ。D.A.ノーマン氏による著書の翻訳など多数。北陸先端科学技術大学院大学客員教授、産業技術大学院大学非常勤講師、東京女子大学非常勤講師など。博士(政策・メディア)

奥山 真広

KDDI

専門:サービスデザイン/プロジェクトマネジメント
KDDI株式会社 UX・サービスデザイン部 サービスデザイナー。通信会社のコンタクトセンターにてエンドユーザーと向き合う経験からキャリアをスタート。複雑化する社会やプロジェクトに対して、そもそもを考えるデザインプロセスと、広くプロジェクトがゴールに向かうための推進力としてのプロジェクトマネジメントを軸に、一貫したプロジェクトデザイン推進を得意とする。2019年度からXデザイン学校 ベーシックコース、ビギナーコースのチューターを担当。

JOIN

2022年度春コース募集要項/お申し込みはこちら

申込期間:2022年2月15日(火)より3月15日(火)

Xデザイン学校に参加する

お問い合せ

株式会社Xデザイン研究所、Xデザイン学校事務局へのお問い合わせは下記よりお願いします。

⚫︎メール:xdesignacademy@gmail.com

⚫︎Webサイト:https://www.xdesign-lab.com

注意事項

●各コースの修了者には、Xデザイン学校より「修了書」を発行します。●本学は、文部科学省の定める学校法人ではありません。任意の学校です。●プログラム内容は、講師の都合や他の事情で、変更になる場合があります。●講師、スケジュール、会場は、講師の都合や他の事情で、変更になる場合があります。

© 2022 X DESIGN LAB.